インテリア,家具,雑貨,はやりもの,通販,ショッピングサイト,ハンドメイド,作品,

インテリア 家具 話題の雑貨や個性的なアーティストが作るハンドメイド作品が大集合 ♪ ミュージアム ★ ショッピングサイトaimcube エイムキューブ☆


aimcube期間限定ポイントキャンペーン
新生活応援企画キャンペーン,現金特価!! aimcubeポイント還元キャンペーン

aimcube(エイムキューブ)の新規会員登録

▼商品カテゴリー

aimcube(エイムキューブ)のメルマガ登録

▼ おすすめ 情報 ▼

マカフィー・ストア

RSS

ATOM


大学映画「Life in Motion(ライフ・イン・モーション)」

名古屋 伏見ミリオン座
5/17(土)〜23(金)連日21:00〜特別レイトショー上映


4/16より前売券販売開始 共通¥500(税込)
当日 一般・学生・シニア¥700(税込)
※劇場窓口またはチケットぴあ窓口にて販売。
※前売券の販売は公演日の前日までとなります。


<<伏見ミリオン座の詳細はコチラ>>


-あらすじ-
芸術系大学に通う学生田中アキラは、ある日学内の映像制作プロジェクトの責任者に抜擢される。
その企画とは日本初の写真家となった“上野彦馬”という人物をモチーフとした劇映画を制作するというものだった。
そんな企画を提出した覚えのないアキラは呆然とする。
企画を提出したのは同じ大学に通うアキラの幼馴染白井ミカだったのだ。
アキラは当然辞退しようとするが、ミカの情熱に押し切られプロデューサーという役割を引き受けることになってしまう。
やがて「写真家」志望の福田康平が加わりチームは動き出す。
康平が加わったことによって順調に進むかに見えたアキラ班。
しかし、制作が進むにつれて浮上する様々な問題とこじれてゆく人間関係で、
いつしか映画制作は完成どころか撮影すら危うい状況に追い込まれていく・・・


NUAS映画プロジェクト
≪Life in Motion(ライフ・イン・モーション)≫
「大学映画(NUAS映画プロジェクト)を撮ろう。
35ミリフィルムで創る!」


NUAS映画プロジェクトとは

「カンヌをめざすぞ!」そんな一言が名古屋学芸大学教授で写真家の西宮正明からあがった。
写真をテーマに映画を制作しよう。これがNUAS映画プロジェクトの始まりだった。
資料集めから準備まで学生が中心になって行い、題材がたくさん持ちこまれ、企画が検討され、
シナリオも推敲された。テスト撮影までたどりつく企画もあったが、うまくいかず、
また初めから考えなくてはならないという状況が続いた。
全員が「完成はないのかもしれない」という気持ちにもなり、
この映画の主人公達と同じような不安でいっぱいだった。
ようやくシナリオが完成したのは撮影クランクインぎりぎりの2週間前だった。


本番、よーい、スタート

いよいよ撮影にこぎつけた。プロのスタッフも参加することになった。
本当に映画を愛し、映像に情熱を注ぐ人生の先輩でもある。
「いい加減なものは創れない」とプロの人たちは言い、学生を一人前のスタッフとして扱った。
強く叱りもした。しかし、それは映画を愛するが故。学生もめげずに応えていく。
見たことのない授業風景だ。世代の違う人間が同じ場所で同じ方向を見つめている。
学生たいもいつしか映画の中に自分も織り込まれているように感じていった。


プロと学生で創る大学映画

監督は本学教授であり、プロの撮影監督・渡部眞(「らせん」「五条霊戦記」)があたり、脚本も手がけた。
音楽はこれまで数多くの映画・コマーシャルの作曲を担当してきた周防善和(「Shall we ダンス ?」)、
照明はアカデミー賞受賞作品「ロスト・イン・トランスレーション」(ソフィア・コッポラ監督)の和田雄二、
録音は「ピンポン」「稲村ジェーン」の山田均があたった。
また全体の観衆をカンヌの常連プロデューサー仙頭武則(「リング」「ユリイカ」「五条霊戦記」)がおこなっている。
多彩なキャストも魅力。アキラ役に様々な雑誌でモデルとして活躍中のJUNYA、
ミカ役にはオーディションで全員一致の最高点を取った鎌田聖菜が映画デビュー。
康平役には「1980」などに出演している若手俳優・吉永雄紀。ほかにも個性的なキャラクター達が脇を固めている。
また、SF界の重鎮で俳優としても大活躍している筒井康隆も脚本に感動し大学教授役(西渡教授)を演じている。
アキラの母親役には現在TVで活躍中のあいはら友子。ホームレス役は東京乾電池の綾田俊樹によって演じられている。

JUNYA 鎌田聖菜
吉永雄紀 吉野貴臣 宇田川新 群雲葛馬 小根山倫 / あいはら友子 綾田俊樹 / 筒井康隆


監督・脚本・撮影監督:渡部眞
監修:仙頭武則/エグゼクティブプロデューサー:中西克彦/プロデューサー:西宮正明
音楽:周防義和/照明:和田雄二/録音:山田均/記録:森直子/メイク:酒井啓介
編集:森下博昭/ラインプロデューサー:柿沼岳志/撮影班指導:齋藤和弘/録音班指導:駒野和明
製作:名古屋学芸大学/制作:NUAS映画プロジェクト/制作協力:ランブルフィッシュ
2006/88分/日本35mm/ヴィスタサイズ/カラー (C)2006名古屋学芸大学

文部科学省私立大学教育研究高度化推進特別補助対象事業


※当サイトに掲載されている画像、文章など全ての無断転載を禁じます。